リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ高崎中央高崎トーヨー住器(株)

027-343-1864

お問い合わせ・資料請求

ブログ◆ 待機児童解消の秘策!?

こんにちは。台風が近づいてますね。十分お気を付けくださいませ。


さて、先日Sくんと話していて、待機児童解消の秘策!?を思いつきました。

先週Sくんの義父の誕生日会があったそうです。Sくんの義兄はいまどきめずらしく

子供6人の大家族で、よくテレビで見る大家族もそうですが、上の子は下の子の面倒を

よく見て、子供をあやすのがうまいので、Sくんの子供もすっと引き寄せられるように

近づいていき遊んでもらっていたそうです。

待機児童を解消するには、保育所を増やすことと

保育士の待遇改善が重要ですよね。

でも保育所を新たに建設しようとしても、子供の声がうるさい

などという理由で、近隣住民の反対にあい、なかなか思うように

いきません。


そこで、保育所は今ある学校(小・中・高・大学)の中に作ってしまおう!というのが

私の考えです。東京は人口が集中しているので、少子化といっても子供の数は減って

いないかもしれませんが、高校や大学は定員割れしているようなところもあると思うので、

空き教室を保育所として貸し出します。新たに建設するより安いし、貸した学校には

家賃収入が入るので、どちらにとってもお得。そして、道徳や家庭科の授業で交流を

はかるようにすると、お互い勉強になるし、保育士さんも負担が軽減されると思います。

今は核家族化が進んでいて、ひとりっ子も多いので、色々な年代の子供同士が

相互交流できる貴重なチャンスにもなると思います。

保育士の資格が取れる学校ならば、授業の一環とかサークル活動なんかで

アシスタント的な作業を経験するのもいいんじゃないかなぁ。

東京の実情はわからないので、実現性がある案かわかりませんが。。。。。

小池知事いかがですか?まあこのブログを読むことなど200%ないでしょうけどね。





 

>Posted at 2016年08月30日 11時46分18秒  /  その他  /  高崎トーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。