リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ北杜ナガセキトーヨー住器(株)

0551-32-3511

お問い合わせ・資料請求

★ナガセキブログ政府 第2次補正予算案を閣議決定

政府 第2次補正予算案を閣議決定
 住宅の耐震化や地域材の利用拡大に重点








政府は8月24日、一般会計で総額3兆2,869億円となる2016年度の第2次補正予算案を閣議決定しました。
国土交通省関連では1兆2,257億円が計上されており、このうち木造住宅及び建築物に関しては4つの事業が盛り込まれ、678億円が計上されました。 
住宅に関しては「既存住宅流通・リフォーム市場の活性化」に250億円が充てられています。インスペクションや既存住宅売買瑕疵保険への加入促進などを通じた若年層による良質な既存住宅の取得や、耐震性が確保された省エネリフォーム及び省エネ住宅への建て替えを支援するとしています。
また、「住宅の耐震化等の促進」には58億円が充てられました。
住宅の耐震化率の向上のため、住宅金融支援機構における耐震改修の融資金利を引き下げるとしています。
更に、住宅取得に向けた支援策として、中小工務店や木材・建材流通事業者など、地域の関連事業者が連携して取り組む良質な木造住宅の整備と、それに併せて行う三世代同居を支援する「子育て世帯等の住まいに係る支援」に55億円が計上されました。
このほか、消費増税による住宅取得者の負担軽減措置である「すまい給付金」を実施する「住宅市場安定化対策事業」(315億円)が盛り込まれています。

国土交通省関連第2次補正予算
http://www.mlit.go.jp/common/001142229.pdf

 


林野庁関連では5つの木材関連事業が掲げられました。木造建築物に関しては、山村地域における林業及び木材産業の活性化に向けた「地域材利用拡大緊急対策事業」に5億円が計上されました。
この中で、各地域または木材関係団体が地域の工務店などの関係事業者と連携して行う展示会やセミナーなど、地域材の需要拡大に向けた総合的な取り組みの支援事業が盛り込まれています(図1)。
また、木材の新たな需要の創出に向けた「CLT建築物等普及促進事業」には10億円が充てられました。
地域の関係事業者らによる協議会が実施する、CLT建築物の設計に関する課題解決のための検証費用などを支援するとしています。
また、CLT建築物の設計・建築に当たり、金融機関から資金を借り入れる場合の利子相当費用を補助する事業も盛り込まれました。
このほか、合板や製材工場の整備と間伐材の生産及び路網整備を推進する「合板・製材生産性強化対策」に330億円が計上されました。






5月に制定された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)の来年の施行に向けた体制整備や広報などの取り組みに1億5,000万円が充てられました。
国は同法における登録木材関連事業者数を2020年度までに1万3,000事業者とする政策目標を掲げています。
このほか、品目別輸出促進緊急対策事業(29億9,700万円)のうち木材関連事業として、日本の加工技術を生かした輸出向けの木材製品仕様の作成などと共に、新たな輸出先国の開拓に向けた取り組みに対して補助する「木材製品輸出特別支援事業」が盛り込まれました。
第2次補正予算案は9月召集予定の臨時国会に提出されます。

農林水産省関連第2次補正予算
http://www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/index-1.pdf

>Posted at 2016年09月07日 12時00分00秒  /  ★ フムフム情報館  /  ナガセキトーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。