リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ福岡東東福岡トーヨー住器(株)

092-622-0322

お問い合わせ・資料請求

*東福岡トーヨーのブログ*本格的な夏! ウナギを食べて夏バテ解消!

明日の30日は土用の丑の日
 
夏ばて対策と言えばウナギでしょう〜!
2016 7月30日 土用の丑の日ですよ!





昨年は2回あったのですが、今年は1回
年によって土用の丑の日は1回だったり2回だったりするんです。


そして丑の日が近づくにつれコンビ二やスーパーではうなぎが多く販売されます。

それぐらい夏の土用の丑の日に鰻を食べる方っって多いんですよね。
最近は鰻も高くなってしまいましたが、この丑の日ぐらいは食べておきたいですね!


ちなみに夏以外の2016年の土用の丑の日については

冬:1月20日 (水)、2月1日 (月)
春:4月25日 (月)
秋:10月22日 (土)、11月3日 (木)


と1年間で土用の丑の日は6回あるのです。

うなぎは栄養価が高く夏バテ防止にも効果があります。
夏の時期に夏バテしない為にもおいしく召し上がりたいですね。



雑学
一般的に鰻を夏に食べる方が多いと思うのですが、
鰻の旬って冬なんですよね。

寒い時期を乗り越える為に脂を蓄えるので、冬に
取れた鰻は1年を通して一番おいしいんですよ!

《土用の丑の日の意味や由来》


年6回ある事を知った上で土用の丑の日の意味や由来をご存知でしょうか?

恥ずかしい事に私は調べる前に土曜日に鰻を食べる日の事だと思っていたので
土曜日に鰻を食でる事と思っていました。

火・水・木・金・土の5種類の元素が現代の暦の元になっており、その中で

土はついに感謝する時期 丑の日は耕す牛を休ませる日

という事で土用の丑の日がつけられたそうです。



※ちなみに鰻を食べられるようになった由来は
江戸時代の天才と言われた平賀源内が

うなぎが売れないと困っているうなぎ店主が
平賀源内に打ち明けた所、

「土用丑の日、うなぎの日」

という張り紙をした処うなぎがとても売れるように
なったそうです。

その結果土用丑の日に食べる習慣が
始まったそうです。                   
 
    



今年の猛暑の夏を乗り切れるのは
ウナギを食べて元気になろう!

>Posted at 2016年07月29日 06時44分14秒  /  その他  /  東福岡トーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。