リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ福岡東東福岡トーヨー住器(株)

092-622-0322

お問い合わせ・資料請求

*東福岡トーヨーのブログ*「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の由来

なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というのか?由来!



イラスト屋様の画像



まずは 「彼岸まで」の彼岸っていつ?

では、基本的なことから押さえていきましょう。彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。それぞれ、春分の日(3月21日頃)、秋分の日(9月22日頃)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。


【 春彼岸 】 春分の日が3月21日の場合
3月18日:彼岸入り
3月21日:彼岸の中日(=春分の日)
3月24日:彼岸明け

【 秋彼岸 】 秋分の日が9月23日の場合
9月20日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日(=秋分の日)
9月26日:彼岸明け


春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼びますが、いずれの彼岸もお墓参りに行く風習があります。

では、なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というのでしょう?

春分や秋分は二十四節気のひとつで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

秋は秋分の日(=彼岸の中日)を境に日が短くなっていき、秋の夜長に向かいます。つまり、太陽の出番がどんどん短くなるので、暑さも和らいでいくわけです。春はこの逆ですね。

しかし、昼と夜の長さが同じだからといって、春分と秋分の気候が同じになるわけではありません。暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのですが、厳しい暑さや寒さも目処がつく頃なので、「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるようになりました。



お墓参りと関係あるの?

「暑さ寒さも彼岸まで」の彼岸にはお墓参りに行く風習がありますが、どうしてでしょう?

実は、春分と秋分の太陽に関係があります。仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私達がいる世界を此岸(しがん)といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

迷い、悩み、煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるときですから、暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になると考え、励まされていたのでしょう。自然に寄り添う暮らしの中で、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の深さが身に沁みるのです。

少しはお勉強になりましたか?では又明日お会いしましょう!

>Posted at 2016年09月21日 06時30分00秒  /  その他  /  東福岡トーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。