リクシルフランチャイズチェーン マドリエ

マドリエ福岡東東福岡トーヨー住器(株)

092-622-0322

お問い合わせ・資料請求

*東福岡トーヨーのブログ*涙が止まらない、泣ける話、感動する話【涙】

夫婦の泣ける話


  ポツンとしていたAの背中


いらすとや様のイラスト



親友(A)の嫁さんが先日交通事故で死んだ。

その嫁さんは、当時学生のAと知り合ったときは既婚者で、無職の夫の暴力に耐えながら週7日休みなく仕事していた。
Aは嫁さんを哀れに思ったのかよく相談にのっていて、
そのうち「あの人を好きになった」といって、不倫という形で付き合い始めた。

やがて嫁さんは弁護士をたてて無事離婚、Aと結婚を前提とした付き合いを始めようというところで、Aの実家が猛反対。
Aが某県内では有名な資産家の長男(但し、実父が早くに死んでいるため、実父の弟が実母と結婚したので、養子)であるのに比べて、
嫁さんは貧乏育ちで片親、韓国人とのハーフ、そしてバツイチ・・・
Aは大学を辞め(学費を親が払っていたため)、養子離縁をして嫁さんと結婚した。

2年後には子供が出来て、その子供が歩き出した頃、
俺を含むAの学生時代の友達を交えて遊んでいて、嫁さんが交通事故にあった。
ま〜漫画みたいな話で、道路の真ん中にヨチヨチ歩いてった子供をAが追いかけたところに、
トラックが猛スピードでやってきて、それを嫁さんがかばう形だった。
当たり前だけど即死。

嫁さんはAが大好きで、いつもニコニコしてAにくっついていた。
会うといつも幸せそうだったし、二人が喧嘩した話なんて聞いたことがなかったくらい。
Aも嫁さんを愛してた。(離縁したことからも分かると思うが・・・)

最近電話で、「今ヒマやったらどっか行かへんか」と誘った。
Aは「今から、嫁と子供連れて嫁の墓参りに・・・・・」と言って、「ああごめん。子供連れて墓参りやった(笑)」
事故から1年とちょっとしか経ってないんで、まだ受け入れられないんだなと思った。
家に遊びに行ったとき、嫁さんの写真を見ながらポツンとしていたAの背中が忘れられない。

>Posted at 2017年09月17日 05時00分00秒  /  その他  /  東福岡トーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。