リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ小倉南横代店アクティートーヨー住器(株)

093-963-8934

お問い合わせ・資料請求

社員皆のブログ健康診断を受けて

メタボリックシンドローム

内臓脂肪をためてしまう食生活のチェック

内臓脂肪の蓄積を招く大きな要因は、まず、食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取です。脂肪は体内で消費されずに余ったエネルギーがたまったものですから、消費エネルギーより摂取エネルギーがふえれば、エネルギー過剰になり、メタボリックシンドロームの原因にもなります。内臓脂肪を減らすためには食生活の改善が不可欠です。食べ過ぎ、甘いものや脂っこいもの中心の食生活を見直しましょう。

エネルギーの摂取と消費のバランスをとる

体がエネルギーを消費することを「代謝」といいます。なかでも基礎代謝は呼吸や血液循環など、生命維持には欠かせない活動を支えるもので、代謝の60〜70%を占めます。年齢が上がるとともに基礎代謝量も減少します。若いときと同じような食生活をしていると、エネルギー消費と摂取のバランスが崩れ、確実に太ります。

1日3食。バランスのよい食事を心がけよう

体がエネルギーを消費することを「代謝」といいます。なかでも基礎代謝は呼吸や血液循環など、生命維持には欠かせない活動を支えるもので、代謝の60〜70%を占めます。年齢が上がるとともに基礎代謝量も減少します。若いときと同じような食生活をしていると、エネルギー消費と摂取のバランスが崩れ、確実に太ります。

 皆さん気を付けましょう!!!

>Posted at 2016年11月30日 16時39分04秒  /  その他  /  アクティートーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。