リクシルフランチャイズチェーン マドリエ

マドリエ佐野岡トーヨー住器(有)

0283-61-0750

お問い合わせ・資料請求

部長 Nagaのつぶやきブログ関東の奇祭「古河市 提灯竿もみまつり」

いよいよ明日から「師走」12月です。
今年も後ひと月で、終わり。…なぜか、弊社も寒さが厳しくなってきた先週末頃から、正に師走の空気になって、忙しくなってまいりました。商売に携わっている身からすれば、本当にありがたい事です。

さて、師走12月となりますと、私ことではございますが、「お祭り小僧~親父」になった長さんとしては、地元古河市の12月の祭り、関東の奇祭と言われております「古河市 提灯竿もみまつり」が、また、今年もやってきたと、何故かワクワクしてしまいます。

関東の奇祭として知られる古河提灯竿(ちょうちんさお)もみまつりは、市内各団体が先端に提灯を付けた十間余り(約18メートル)の竹竿を20人ほどの若者で支え、矢来(やらい:丸太を縦横に粗く組んだ囲い)の中で互いの提灯を消そうと激しくもみ合う荒々しい祭りです。別名「おかえり」とも呼ばれます。

 この祭りは、江戸時代は古河藩領であった野木神社(現・栃木県野木町)に伝えられる神事「七郷(しちごう)めぐり」に付随した行事に由来しています。

 「七郷めぐり」は、現在小山市に編入されている七つの地区にある野木神社の末社を、神体の神鉾を奉じた一行が順次訪ねる神事です。古河に向かう日光街道で七郷めぐりを終えた一行の御帰社(おかえり)を、提灯を手にした大勢の参拝客が出迎えます。その参拝客たちが寒さをしのぐために体をもみ合い、暖をとったことから始まったといわれています。

 会場の両側には高さ約13メートルの矢来が組まれ、参加団体の提灯がずらりと並びます。当日は競技もみと自由もみが行われ、各団体がそれぞれ20メートルほどの長竿を持ち相手の提灯を消そうとします。時折竿が折れる音が響きわたり、提灯同士がぶつかって火の粉が飛び散る中で激しくもみ合う様子は勇壮というにふさわしい迫力です。

今年は、12/3(土)19:00頃から、古河市JR古河駅西口駅前特設会場にて、真冬の熱き、バトルが繰り広げられます。是非お出掛け頂いてご覧いただければと存じます。
 

>Posted at 2016年11月30日 19時43分30秒  /  その他  /  岡トーヨー住器(有)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。