リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ佐賀中央(有)大和アルミトーヨー住器

0952-28-4456

お問い合わせ・資料請求

気まぐれブログ熱中症調査

「熱中症調査」

今年は、7月初旬からすでに各地で猛暑日を記録しており、この後も厳しい夏になると予測されています。猛暑の夏は熱中症リスクが高まりますが、熱中症は65歳以上の高齢者に多く、死亡に至るケースも見られ、死亡者の約8割が65歳以上で、そのうちの約9割が住居内で亡くなっています。

■ 約6割が離れて暮らす高齢の親の熱中症を心配

■「熱中症の高齢者は住宅内で亡くなることが多い」の認知率は8割にも

■ 離れて暮らす高齢の親の4割が熱中症対策をしていない?!
 親の半数がいまだにクーラーを敬遠 


[1]熱中症の認知レベル

●認知率100%!「熱中症」は日本の夏の代表的な季節病

熱中症について具体的に知っていることを聞くと、全体の8割が「特に65歳以上では住宅で死亡するケースも多いということを認識しており、室内における親の熱中症のリスクに対して、とても関心が高いことがわかりました

[2]熱中症で知っていること

[3]自分の親の熱中症対策が心配か

●高齢の親と離れて暮らす30代・40代が考える、親の熱中症対策 

いまだに熱中症対策をしていないと思われる高齢の親が約4割、親の約半数はクーラーを敬遠

自分と離れて暮らす70歳以上の親が何らかの熱中症対策をしているかと聞くと、約4割は「していないと思う」と答えています。

また、自分の親が熱中症に対してどう考えていると思うかを聞くと、「両親は、夜寝る時にクーラーをつけたくないと思っている」がトップで、「両親は、暑さを我慢できると思っている」、「両親は、熱中症対策には、クーラーがあれば十分だと思っている」、「両親は、熱中症対策には、窓をあければ(風通しをよくすれば)十分だと思っている」、「両親は、熱中症対策には、水を多く飲めば十分だと思っている」が上位にあげられました。



[4]親の熱中症に対する意識



●高齢者は室内熱中症のリスクが高いことから、積極的な水分摂取、外出・運動の抑制に加えて、クーラーをうまく活用したり、日差しを遮る、風通しを良くするなど、窓周りのひと工夫で室内に熱を取り込まないように整えることも重要です。

●高齢者が熱中症になりやすい理由 体の水分が少なく、暑さを感じにくくなっているから。

高齢者が熱中症になりやすいのは、

〇病を持っている人が多いことに加えて、体の水分量が少なくなっているので、体温が変動しやすくなっていること、

汗をかく能力が低下し汗をかきにくくなっているので、体温が下がりにくいこと

9△粒蕕を感じにくくなっているので、水分補給が滞り脱水しやすいことなどがあげられます。

さらに、高齢になると「基礎代謝が落ちる=燃えにくい体」になっているので、暑さを不快と感じず厚着をしがちなことも、熱中症になりやすい理由として考えられます。


●熱中症を予防するためには、水分をこまめに補給することが大切です。一度に大量に飲んでもおしっことして出るだけなので、こまめに少しずつ水分補給します。

部屋を出たり入ったりする度に飲むなど、習慣化することをおすすめします。食事は栄養を摂るだけでなく、水分や塩分を摂る観点からも大切です。食事の6割は水分と言われており、1日3回、バランスのよい食事を食べることが熱中症の予防にもつながります。

●水分補給だけでなく、高齢者が暮らす室内環境の改善も重要です。高齢者が熱中症で発見されるのは、居間と寝室が最も多くなっています。なぜかといえば、居間や寝室で過ごす時間が最も多いからです。高齢者のお宅に行くと、夏でも長袖で部屋にはこたつがあり、エアコンをつけると暖房になっていることがありますので注意しましょう。

昔ながらの日本家屋であれば、昼間は暑くても夜は風が吹き抜けて過ごしやすいのですが、夜間も気温が高いままの都心部では、防犯の面から窓を開けて寝ることができないため、室内の気温も湿度もどんどん上昇し、熱中症のリスクが一段と高くなります。

2016年夏予報と熱中症リスク 

■2016年の夏は全国的に猛暑予報

気象庁は、「8月の気温は、東日本は平年並みか高く、西日本は高い。夏の後半から暑い日が多くなる見込み」と発表しています。今年は、春にエルニーニョ現象が終息し、夏にラニーニャ現象が発生し、観測史上最も暑かった2010(平成22)年と海や大気の状況が似ていることから、猛暑になる可能性が高いと言われています。

■猛暑の夏、熱中症に要注意。熱中症リスクが特に高い高齢者。屋外だけでなく室内の熱中症にも注意

熱中症は、気温の高い環境で生じる健康障害の総称で、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

[図7]熱中症の死亡数推移

厚生労働省の「熱中症による死亡数の年次推移」を見ると、今年の夏と似ている2010年の熱中症による死亡者は1,731人にものぼっています。65歳以上の高齢者は増加傾向を示し、2014(平成26)年は全体の8割(80.9%)を占め、高齢者の熱中症リスクが高まっていることがわかります[図7]。

 

>Posted at 2016年08月06日 08時00分00秒  /  その他  /  (有)大和アルミトーヨー住器

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。