リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ松本中央ネットアストーヨー住器(株)

0263-47-4982

お問い合わせ・資料請求

コラムDr.クドーの暮らしをよくする... vol.1 


『住まいの防災を考える』 〜台風対策〜 

 
最近台風の被害が多くなっています。地球温暖化の影響なのか発生数が多く
なり、台風自体も大型化しているようです。
住まいで出来る、実際の台風対策や準備についてお話します。
風については、窓ガラス・屋根・外壁の被害、強風による転倒や転落、飛んで
きた物がぶつかるなどの被害が考えられます。
住宅の窓ガラス破損の対策としては、雨戸シャッターを閉めることが一番
です。風圧だけでガラスが割れることは殆どありませんが、風で飛ばされた
瓦や木の枝などがぶつかって割れる事が多いのです。
手軽なガラス割れ対策としては、飛散防止のガラスフィルムを貼ると効果的
です。割れたガラスが飛び散らないので、ケガをしにくいという効果が大きな
ポイントです。ただしガラスの強度は変わりません。強化ガラスは風圧に対し
ては強いのですが、とがった物などが当たった場合は比較的簡単に割れて
しまいます。網入りのガラスは、割れた時にはガラスが飛び散りにくいのです
が、強度で考えると普通のガラスより若干割れやすいガラスです。
いずれにしても雨戸・シャッターが無い窓では、内側のカーテンやブラインド
和障子などをしっかり閉めて、ガラスが割れた際の飛散を出来るだけ抑える
ことが大切です。
もしガラスが割れた場合は、速やかに他の部屋に避難しましょう。この時
上部が屋根で、割れた窓の反対側にも窓がある部屋では、反対側の窓も
開放します。何故なら、1面だけから風が吹き込むと風の力を受けて、
屋根や天井が飛ばされる危険があるからです。
反対側の窓が開放されて
いれば吹き込んだ風は通り抜けることが出来て、屋根が吹き飛ばされる
可能性は低くなります。
台風が通り過ぎた後で、それほど被害を受けていなかったと思っても、
住まい全体の点検をしておきましょう。弱くなっている部分や破損した所
があれば、次の台風の時に大きな被害になりかねません。早目の修理を
お勧めします。
この記事を書いている時に統計開始以来、史上初のルートをとって最初に
岩手県へ上陸し、その後北海道へと進んだ台風10号。今後も各地で台風
への警戒が必要です。
まずは自分達で出来る防災対策を行い、「家」という財産を各自がしっか
りと守らなければいけないと感じています。



 

>Posted at 2016年09月02日 10時16分43秒  /  その他  /  ネットアストーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。