リクシルフランチャイズチャーン マドリエ

マドリエ大磯ミネオトーヨー住器(株)

0463-61-4955

お問い合わせ・資料請求

ミネオTFC みんなの広場愛宕神社に行って来ました(^^)/

事務員Sの夏休み◆

8月12日(金)東京都にある愛宕神社に行って来ました。
東京23区の中で一番高いのが
この神社がある愛宕山だそうです。


出世の階段があると言うのサラリーマン長男君を引き連れて
携帯電話をぐぐって階段を求めてたどり着いたのは頂上(-_-;)

とりあえず御朱印を頂きました出世の階段(男坂)を下っては
いけないと言うので女坂を下りました。


下ってから…見上げてみました((+_+))
長男君に階段登ろう!と意見しましたが拒否られました。

 
 
江戸時代、「天下取りの神」「勝利の神」としても知られた愛宕神社。正面の急な階段「男坂」が「出世の石段」と呼ばれているのには次の様な理由があるんです。

江戸時代、増上寺を参拝した帰りに、徳川家光が山上に咲く梅の美しさに惹かれ、「梅の枝を馬で取ってくる者はいないか」と供の者達に聞きました。あまりの急な階段に皆が尻込みをする中、讃岐丸亀藩の家臣、曲垣平九郎(まがきへいくろう)が見事に馬で石段を駆け上がり枝を取って来たため、馬術の名人としてその名を轟かせたというものです☆

愛宕神社をめぐる逸話はこれ以外にも多数ありますが、中でも、江戸城の無血開城に先だって、勝海舟と西郷隆盛が相談した場所…と言われているのは有名ですね!

>Posted at 2016年08月18日 08時00分00秒  /  その他  /  ミネオトーヨー住器(株)

コメントを投稿する

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントの種類
    ※コメントの種類を選択してください。
コメント(必須)
※この項目は必須入力となります。
※半角英数字のみの入力はできません。